元気な介護グループの求人サイト 元気な介護グループの求人サイト

“やさしさ”と、そして“野心”と。 元気な介護グループは 介護業界を変えていきます。

「ご利用者さまに笑顔になっていただくためには、スタッフが笑顔でなくてはならない」 それは元気な介護のゆるぎのない信念です。そのために私たちは、スタッフの待遇改善を進め、サービスを進化させ、さらには業界に変革をもたらそうとしています。ご利用者さまへの“やさしさ”だけでなく、業界を変え、共に成長していく“野心”を持つ人。私たちは、そんな方と出会いたいと考えています。

Jobs by location

Our group’s vison

元気な介護グループのビジョン

「暮らしを支え、心を磨く」。これが私たちの経営理念です。元気な介護では、介護事業をとおして利用者さま、そのご家族の暮らしを支え、さらには全スタッフの暮らしを支えていこうと考えています。安定した環境は「想い遣りある豊かな心」を育みます。結果、企業の、スタッフの成長につながることを信じています。

元気な介護グループで働くメリット3つ

1. 成長し続ける企業グループ

私たちは元気な介護を中核としたグループ会社を増やしつつあります。株式会社リーフィール、株式会社エブリー、株式会社アシスト、株式会社エブスト、株式会社らしっく。さまざまな介護企業が力を合わせることにより、事業の効率化、コストの削減が進められ、スタッフは安定した経営基盤の上で働くことが可能となります。

2. 人財を育成し続けます

元気な介護ではスタッフの資格取得も積極的にサポートしています。基本となる初任者研修にはじまり、介護福祉士につながる研修として新設された実務者研修の資格取得もサポート。そのほかに看護、法律やリーダーシップなどを学ぶ自己啓発など、さまざまな研修プログラムをご用意し、あなたを介護のプロフェッショナルに育てていきます。

3. 挑戦をうながす環境

元気な介護は企業として成長し続けている会社です。だからあなたの活躍できるステージもどんどん増えています。資格を取ったが活かせるポストがない。目標とする職種がない。そんなことはありません。あなたの希望、成長に合わせ、仕事の幅を広げることも可能。成長、挑戦を続けたい方にピッタリの環境です。

元気な介護グループのキャリアプラン

キャリアデザイン※あくまでも目安となります。

  • 総合職

    事業部長 本社部長クラス

    総合職 事業部長、本社部長
  • 介護職

    介護に関わるスペシャリスト

    介護職
  • 厨房職

    厨房に関わるスペシャリスト

    厨房職
総合職、介護職、厨房職
  • エリア事務職

    施設事務スペシャリスト

    エリア事務職
  • 本社事務職

    本社事務スペシャリスト

    本社事務職
エリア事務職、本社事務職

Know about our group

元気な介護グループで働く先輩へのインタビュー

Aさん:

入社5年 施設管理者 正社員

施設管理者Aさん仕事中1 施設管理者Aさん仕事中1

もう、無理やり成長させられちゃう会社なんです。

介護の仕事を始めた理由は、母が介護の仕事をしていて、少し身近な仕事だったからです。それに介護職員初任者研修の資格を親が取らせてくれていたのも理由でした。でも特に深い理由はなくて、新しいことをなにかを「やってみよう」。そんな気持ちで始めました。当時は、あんまり真剣に仕事にも取り組んでいないいい加減な子だったんです。

元気な介護で働くことを決めたのも、面接をしていただいた当時の施設管理者の方が、女性で美人だったから。こんな人みたいになれたらいいなんて。なんか、全体的に思いつきみたいで少し恥ずかしいですね。でも、親の手伝いで、おじいちゃん、おばあちゃんのお世話をしているときから、この仕事はとても大切な仕事だという思いはありました。やり始めると、夢中で働くようになっていました。介護として2年。主任職を2年やって、去年こちらの施設の管理者になりました。「いやー無理です、私まだ20代ですよ!」って、いったんですが。「みんなでサポートしていくから」の言葉を信じて、職をお受けすることにしたんです。

施設管理者Aさん仕事中2 施設管理者Aさん仕事中2
Aさんの1日の仕事の流れ
07:00
出勤。着替え、朝礼。夜勤担当から申し送り
08:00
介護業務。利用者さまへの朝食提供
09:00
カンファレンス、訪問調査、区役所手続きなど管理業務
12:00
休憩
13:00
管理業務、介護サポート。ケアマネージャー、主任との打ち合わせ。夜勤スタッフへの申し送り
16:00
業務終了

施設管理者のお仕事は、今ここで働くスタッフ22名の指導、管理をしながら、すべての入居者さまを笑顔にしていくこと。でも、そんなうまくいってないです。もう、スタッフの皆さんに頼り切りながら働く毎日です。特に主任職の方々にはお世話になりっぱなし。どっちが指導するのかわからないくらい。仕事の種類も増えました。お金のこと、法律・制度のこと、介護サービスのこと、いろいろ考えなくてはならなくなって大変です。勉強もしましたよ。必要に迫られてですがね。

私の夢、目標は、将来、会社経営をすることなんです。もちろん、まだずっと先の話、なんの会社かも決めていません。そんな目標ですが、今、この環境で苦労していることが、すごく勉強になると思っているんです。自分自身10代のバイト気分で働いていたころに比べ、すごく成長したと思います。それは元気な介護の環境があったからこそ。そう自信を持っていえます。もし、今の環境がつまんないな、そう考えている方は、一緒に頑張ってみませんか?損はしないですよ、無理やりにでも成長させられちゃう環境なんですから、この会社は(笑)。

Bさん:

入社5年 事業推進課課長 正社員

事業推進課課長Bさん仕事中1 事業推進課課長Bさん仕事中1

元気な介護を業界№1の会社にしたいのです。

前職も介護の仕事をしていました。ある特別養護老人ホームで7年ほど働きました。7年働き、そこでのポジションが上がってきたからかもしれませんが、業界の嫌な部分、いいかげんな部分を感じることが多くなってきたんです。それなりのサービスを続けていればよい。無理に改善なんか考える必要はない。そんな感じです。プロの介護職を目指していた自分は、そんな環境に行き詰まりを感じ、もういっそ介護業界を辞めよう。そう考えていたんです。

そんなとき、元気な介護の、当社の常務とお話をする機会を得ました。企業が新しいことに取り組めないのは、経営の基盤がしっかりしてないから、成長をしてないから。元気な介護は、企業として強い基盤を作り、大きな成長を目指している。そして利益をしっかりスタッフに還元していく。現場のスタッフが笑顔でなければ、利用者さまに良いサービスは絶対にできないと思っているから。そう話してくれました。もう目からウロコでしたね。自分は経営のこと、お金のことなんてまったくノータッチできましたから。でも介護の仕事の大切さを思い出し、元気な介護で頑張ってみたいと入社をお願いしたんです。

事業推進課課長Bさん仕事中2 事業推進課課長Bさん仕事中2
Bさんの1日の仕事の流れ
09:00
出勤。連絡事項、共有事項の確認
09:15
営業、サービス調整、介護業務、資料作成、スケジュール作成、ミーティング
18:00
業務終了。日報提出、明日のスケジュール・課題を確認

今は元気な介護、事業推進課の一員として働いています。一般でいう、エリアマネージャーに近いお仕事です。担当する施設・事業所の運営管理を基本に、スタッフのサポート、新規事業の企画、届出などの準備や職員の採用計画の立案などを担当しています。介護職として現場に出ることもありますが、時間も少なくなりました。でも、それについて不満はありません。自分と同じ気持ちで介護に取り組んでくれるスタッフを生み出し、サポートしていくことで、自分だけではできないことができるからです。1人では10人の利用者さましか笑顔にできないが、10名の介護スタッフをサポートすることで、100人の利用者さまを笑顔にできる。そう思って今の仕事に取り組んでいます。

もちろん、そのためにはたくさんのことを学ばなければならないですね、経営や法律、例えばケアマネージャーの勉強もしました。大変ですが、仕事の幅も広がり多くのやりがいを持って業務に取り組むことができています。元気な介護に入社してから結婚し家庭を持ちました。私自身、笑顔で仕事ができているからこそ、今後もしっかり仲間をサポートし、この会社を日本一の会社にしたいと思っています。

Cさん:

入社6年 介護士 主任 正社員

介護士主任Cさん仕事中1 介護士主任Cさん仕事中1

未経験から、たくさんのことを学びました。

子ども3人の母親で、家事、育児との両立です。ここに来る前はコンビニやラーメン屋さんでバイトをしていましたが、もともと介護の仕事には興味があったんです。でも、資格を取る機会もなかったし、私には無理な仕事とあきらめていました。そんなある日、何の気なしに駅に置いてある求人雑誌を見ていたら、意外にも未経験から資格サポートも含めOKな介護職の求人があることを知りました。ちょうど育児の手が離れたころだったので、やってみたかった仕事に挑戦してみようと、元気な介護に入社を決めたのです。

まったくの未経験、40代直前での転職でした。介護職員初任者研修は会社が取らせてくれました。アルバイトでの入社ですが、勧められ2年目で社員になりました。もちろん責任は大きくなりましたが、賞与など待遇もよくなり、安心して働くことができています。今は主任という立場でお仕事をさせていただいています。やっぱり自分の仕事ぶりを認めてもらえるのはうれしいですね。未経験スタートだったからこそなおさらそう思います。

介護士主任Cさん仕事中2 介護士主任Cさん仕事中2
Cさんの1日の仕事の流れ
10:30
出勤。着替え、連絡ノート確認
11:00
介護業務。現場に入り、申し送りを受ける
12:00
昼食の介護。ご利用者さまを食堂に誘導、トイレ誘導
13:00
休憩
14:00
介護業務
20:00
業務終了

上司にあたる施設管理者の方は、女性で私よりずっと若い人。すごくパワフルで頑張り屋さん。頼りになる方です。毎日とてもいい刺激をいただいています。そんな施設管理者をはじめ、元気な介護で働くスタッフは、皆いい方で困ったら助けてくれる方ばかり。チームプレイがしっかりできている環境だと思います。やっぱり介護の仕事って一人でもくもくとやる仕事ではないですからね。新しく入ってきてくれる方も安心していただいていいと思いますよ。ほんと家族のように信頼できる仲間たちです。

そんな介護の仕事は、やりがいも大きい分、大変なことも多いと思います。介護される利用者の方は、本当にさまざま。もちろん優しい方もいらっしゃいますが、気難しい方もいます。でも、こちらが真剣に誠意をもって対応すれば、笑顔の回数が増え「ありがとう」と言葉をかけてくれます。やっぱりうれしいですね。ちょっと涙が出るくらいです。

将来的にはまた別の資格を取りたいですね。今、介護福祉士の勉強をしています。やっぱり未経験ではじめた仕事ですから、自信が欲しいんです(笑)。周りのみんなに負けないためにも、もっと頑張ろうと思っています。

Dさん:

入社12年 ケアマネージャー 施設管理者 正社員

ケアマネージャーDさん仕事中1 ケアマネージャーDさん仕事中1

前向きに介護に取り組む、ここのスタッフが大好きです。

12年前、30代半ばで介護の仕事を始めました。介護を始めようと思ったきっかけは、母の勧め。「資格を取って働くのはいいことだし、おじいちゃんのお世話とか好きだし、やってみたら?」といわれたから。ネットで求人募集を探して、こちらのアシストにお世話になることを決めました。当時資格はまったくありませんでした。未経験からのスタートです。

ホームヘルパー2級、今の初任者研修資格を取りお仕事を始めました。今ではさらに介護福祉士、介護支援専門員の資格も取り、ケアマネージャーの業務も担当しています。やると決めたら、頑張る方なんですよ(笑)。でも、きっと、最初にやりがいを感じることができなかったら、ここまで前向きに取り組めなかったと思います。ここでの仕事が大好きなんです。実はここの施設を一度辞めたことがあります。ほかの訪問介護の会社で働いたのです。でも1年くらいかな、また戻ってきました。なんというか、利用者さまに対する、サービスの質、心遣いが全然違ったんですね。やっぱりアシストハウスで働きたいと思うようになったんです。それから10年近くが経ちましたね。

ケアマネージャーDさん仕事中2 ケアマネージャーDさん仕事中2
Dさんの1日の仕事の流れ
08:30
出勤。着替え、朝礼、夜勤の方からの申し送り
09:00
管理業務。郵便物・メール・当日のスケジュールを確認
09:30
介護業務、家族さまとの相談業務、ケアマネ業務、往診医療の対応
13:00
休憩
14:00
カンファレンスや訪問調査、区役所手続き
16:30
終礼、夜勤スタッフに申し送り。管理業務、ケアマネ業務、相談業務
17:30
業務終了

少し前に、ここアシストが元気な介護グループの一員になりました。もちろん最初は不安でしたね。今までやってきたサービスの質が落ちるかもしれないと思ったからです。でもサービスの部分では何一つ変わりませんでしたね。とても安心しました。変わったのは福利厚生やお給料。もちろん良い方にです。やっぱり、スタッフが笑顔になって初めて良い仕事ができることを、会社はわかっているんです。それはうれしかったし、心強く感じました。

こちらのスタッフはみなさん元気で、作業も手厚く、利用者のことを考えられる方ばかり。前向きに介護の仕事に取り組んでいる方たちです。今、私は施設管理者として、スタッフの方をバックアップすることが多くなりました。またケアマネージャーとして利用者の方の家族のサポートもしています。最初の、おじいちゃん、おばあちゃんを喜ばす仕事から、少し離れることが多くなり残念ですが、今の仕事はとても大切な仕事だともわかっています。だからこそこれからも頑張っていきたいと思っているんです。

Eさん:

入社6年 事業推進課課長 兼 小規模多機能型ホーム エブリー柏原国分所長

事業推進課課長Eさん仕事中1 事業推進課課長Eさん仕事中1

自分が成長したと、今なら自信を持っていえます。

学校卒業後はいろんな仕事をしてきました。接客業もやりましたし営業もやりました。一番近いとこでは溶接の仕事もしました。でも、当時は仕事の内容なんてどうでもよかったんです。正直、仕事より遊ぶことばかり考えていましたね。そんな自分でも20代になり、仕事について考えるようになってきました。自分が本当にやってみたいことって何だろう?打ち込める仕事はなんだろう?って。そのとき思い出したのが祖母のことです。少し前、祖母は体調を崩し、寝たきりになってしまいました。結局、回復することなく亡くなってしまったんです。大好きだった祖母に何もしてあげれなかったことが、自分自身とても心に引っかかっていたんです。それが介護の世界に飛び込むきっかけになりました。

元気な介護の求人に応募したのは、資格取得のサポートがあり、未経験の自分でも介護の仕事を始めることができたからです。でも、それ以上に元気な介護に入ってよかったことがたくさんありました。ここでの大きなチャンスとサポートがあればこそ、自分は今も前向きに働けていると思っています。

事業推進課課長Eさん仕事中2 事業推進課課長Eさん仕事中2
Eさんの1日の仕事の流れ
09:00
出勤
事業推進課の業務:各事業所の推進活動(人員の配置・活用・指導・業務環境の改善)
小規模多機能型ホーム所長として:所長業務、研修、他事業所との連携
18:00
業務終了

大きなチャンスとサポートといいましたが、チャンスの部分でいえば、自分は入社して数年で所長代理の職をいただきました。他の会社ではなかなかないことだと思います。ただ所長代理の仕事を当時はうまくこなせず、悩むことが多くなってしまったんです。そんなとき声をかけてくれたのが社長です。今の環境に行き詰っているのなら、いっそ環境を変えて、更に上から会社を見てみたらどうか?そして事業推進課への転属、大阪転勤を勧めてくれました。うれしかったです。自分のことを気にかけてくれていることも、背中を押してくれたことも、本当にありがたかったですね。良いサポートしていただいたと思っています。

事業推進課の仕事は、元気な介護グループの各事業所を円滑に運営していくことが使命といえます。人員の配置や研修の設定、マニュアルの作成から、行政との交渉など、多岐にわたります。介護の現場とは違う、さまざまな知識、対応力が必要。もう、毎日が勉強ですね。すべてにおいて力不足を感じているからこそ、日々成長することが今の目標です。大変ですが、10年前の自分に比べて大きく成長していると、今なら自信を持っていえると思います。

Fさん:

入社3年 訪問看護師 正社員

訪問看護師Fさん仕事中1 訪問看護師Fさん仕事中1

寄り添う看護ができるっていいですね。

病院での経験を含めて、看護師として18年程になります。入職したのは、この会社で訪問看護ステーションの立ち上げた時からなので、働き始めて2年3ヶ月程になります。きっかけは、以前働いていた職場の同僚から連絡があり、「一緒に働かない?」と声をかけてもらったことです。以前に、少しだけ訪問看護をしていたのですが、事情があり退職したので心残りもあったんです。

同じ看護師として働いていますが、病院と訪問での看護は少し内容が異なります。一番は、医師がいるかどうかです。もちろん病院には医師がいて、何かあれば、すぐに駆け付けてくれますが、訪問看護は違います。医師はいませんから、その場で医療的判断も含めて行なうことになるのです。医師とは電話でやり取りはできますが、やはり自分の経験や判断も必要です。命にかかわることもありますから、大きな責任とプレッシャーを感じながら仕事をしています。でも、それが、やりがいにもつながっていると思います。

また、当ステーションは主に介護施設へ訪問に来ていますが、私自身は、「介護施設では介護士がメイン。それをサポートするのが、看護の役割であり仕事」だと思っています。

訪問看護師Fさん仕事中2 訪問看護師Fさん仕事中2
Fさんの1日の仕事の流れ
08:40
出勤。着替え、準備
08:50
朝礼
09:00
ミーティング
09:30
訪問看護業務、途中食事休憩。状況に応じて、施設内での看護業務
16:45
帰社。残務の対応、報告
17:00
業務終了

シングルマザーなので、子育てと仕事の両立をしています。他にも子育て世代の職員がいて、皆で休みの調整をしてくれますので、とっても有り難いですね。それに、会社としても子育て世代の社員が働きやすい職場を目指して、色々な取り組みをしてくれています。

訪問看護師は、医療的な知識・看護技術はもちろんですが、介護知識も必要だと思います。それを介護士に対して指導や助言をすることもありますが、介護士からも多くのことを教えてもらっています。職種や事業所を超えて、横のつながり、チームワークはとても良い職場なんです。

訪問看護師として働くメリットは、訪問という形で行くので、一人ひとりのご利用者様に、じっくりと寄り添えることです。血圧等を測りながら、人生の大先輩の経験を聴いたり、たまには、自分の相談をすることもあったり。とっても楽しいひとときです。病院勤務では得られないことを経験できる仕事であり、環境だと思っています。それに、施設へ訪問に行くと笑顔になれます。まさに今も、近くから楽しそうなカラオケの歌声が聞こえていますが、こんなこと病院ではありませんからね。(笑)

各事業所について

事業所内観 事業所内観

事業所内観

グループホーム、サービス付き高齢者向け住宅、住宅型有料老人ホーム、高齢者向共同住宅、介護付有料老人ホーム、訪問介護ステーション、デイサービス、訪問看護ステーションなど、元気な介護グループではさまざまな形で事業所が運営されています。その数は現在全国で100ヵ所以上。あなたが便利に、そして力を発揮し働ける場所があるはずです。

事業所見学会 事業所見学会

事業所見学会

雇用条件や面接だけで入社を決める必要はありません。普段の私たちの仕事をぜひ、その目でご覧になってください。未経験の方は、実際の業務をスタッフにサポートされながら体験できます。

学生向け ふれあいお仕事体験 学生向け ふれあいお仕事体験

学生向け ふれあいお仕事体験

元気な介護では将来、「介護業界で活躍してみたい。」「興味を持っている。」そんな学生の方に向け、お仕事体験セミナーを開催中です。介護の楽しさ、やりがいが分かる充実の内容です。

採用担当からのメッセージ

採用担当者 採用担当者

介護のお仕事は、現場のスタッフに頼る側面があるのは事実です。介護スタッフのきめ細やかなホスピタリティがあってこそ、介護の仕事は成り立っています。だからこそ、現場で働くスタッフを全力でサポートしていかなければならないとも考えています。「介護をする人が幸せでなければ、介護をされる人を幸せにはできない」からです。労働条件や職場環境の改善を行い続け、業界トップクラスの待遇と従業員満足を目指しています。そしてさらに強い経営基盤を作るため、グループ企業、協力企業を増やしていきます。元気な介護には安定的な環境、充実のサポート、待遇があります。目標とする職種、ポジションもどんどん増え、やりがいも大きいはずです。今の環境に、そして自分に満足していないそんな方を、私たちはお待ちしています。